スタッフブログ

  • HOME
  • スタッフブログ

aa最近筆者が孫娘と遊ぶ時間が取れないことが多くなったことから、朝起きてから「じぃじぃ、今日お仕事?」と

聞かれる事が少なくなりました。孫娘は母親に『おやましぇん(支援の意味)センターに行こう!』と話している

様です。孫息子も6ヶ月過ぎたので少し出かける回数が増えてきました。大多数は3人でおやま支援センターへ

来ているようです。

aa母親(息子の嫁)も喜んでいるようです。話を聞いてみたら次のような返事が返ってきましたのでご紹介します。

aaaa①.授乳ブースが2席あり、カーテンで仕切られていて小さい赤ちゃんでも安心して連れて行ける。

aaaa②.ベビーベッドが2台、バウンサーが1台があり、赤ちゃんを寝かせられるので、寝ている間孫娘と

aaaa aaaゆっくりと遊べる。

aaaa③.くまカフェでお茶やランチが出来る。12~13時までの清掃時もオープンしているのでお弁当を

aaaa aaa持ち込めば一日中遊べる施設なので大変よい。

aaaa④.小さい子用のトイレがあるのでトイレットトレーニングも兼ねられるし、トイレ内の洗面台には

aaaa aaa踏み台があるので手洗いもしやすい。

aaaa⑤.粘土遊びが出来る。(他のセンターではあまり見かけない)初めて粘土遊びが楽しかったのか、

aaaa aaaかなり集中して遊んでいた。それからは必ず粘土遊びをしている。

aaaa⑥.母親がトイレに行っている時やミルクを作っている時等は、『 職員さん 』が赤ちゃんを抱っこ

aaaa aaaしてくれていたり、「 私が、見てましょうか? 」と声を掛けてくださる親切なママも居たり

aaaa aaaして、うれしい。

aaaa⑦.外に公園もあるので室内に飽きたら外で遊ばせることができる

aaaaetc.

 

aaaa 施設が気に入っているようでしたね。ただ、玩具で遊ばせるばかりでなく育成トレーニングを兼ねられる

aaaa ところが良いらしい。目の付け所が、じぃじぃと母親の違いですかね!!

aaaa これから孫息子も歩くようになったら一緒にお世話になるかも知れないですね。

aaみなさんこんにちは。7月27日(本番)・28日(予備日)に行われる富士山金太郎夏まつり中に

文化会館に於いて、富士山写真展(みくりやフォトクラブ)と華道展(小山町華道協会)が同時開催

されていますのでご紹介致します。

aa綺麗な写真と美しい生け花が皆様のご来場をお待ちいたしておりますのでお立ち寄り下さい。

 

aa◎.富士山写真展・・・・・総合文化会館回廊にて

写真展

aa◎.華道展・・・・・文化会館 展示室

華道展2  華道展1

5月から6月の1カ月限定の富士山須走まぼろしの滝。

今年は見事に見られました!!(5月中旬です)

IMG_4114

富士山は雲に隠れていましたが、富士の雪解け水が音を立てて流れていました(*^_^*)

IMG_4124

aa皆さんこんにちは、今回は夏の風物詩である『 ホタル 』を生涯学習センターの多目的広場内にある

『 ホタルの里 』に於いて、孫娘と家内と3人で鑑賞いたしました。 

aa鑑賞のきっかけは、月曜日の夜、筆者が自宅前で喫煙していたら一匹のホタルが飛んでいました。まだ

『 ホタル 』を見た事が無い孫娘に見せて遣りたくて急いで自宅内へ入り孫娘を抱いて外に出たときには

既に『 ホタル 』はいませんでした。その後、孫娘に泣かれ困り果ててしまいました。・・・「天気の良い

日にじぃじぃがお仕事に行っている小山支援センターに行こう!」と約束してなんとか寝せつかせる事が

できました。 筆者の仕事の都合で鑑賞が木曜日になりました。

aa初めて、『 ホタル 』を見た孫娘は、おっかなびっくりしていましたがピカピカしているのに「きれい!」

と感嘆詞を上げていました。自宅に帰って母親に満面の笑みをうかべて「いっぱいホタルが飛んでいたよ!」

と報告していました。喜んで貰えて良かったと思いました。

IMG_0123
aaaaaaaaaaaaaa東屋の東側に沢山飛んでいました。

IMG_0125
 aaaaaaaaaaaaaa球場側の池側が数匹飛んでいました。

aa孫娘が喜んだことで、ひと安心致しました。今度いつか、孫息子も一緒に連れて来れる日を楽しみに

しています。

aaあと3ヶ月弱で3才になる孫娘が朝起きてくると「ジィジィー(筆者)、今日お仕事行くー?」と聞いてくる事が

日常茶飯事になってきました。「お休みだよー」と言い返すと、

aa「おやましぇん(支援の意味)センターに行こう」と言います。10時ごろお茶と着替えを持って二人で出かけます。

そもそも、おやま支援センター(金太郎ひろば)に出かけてくるようになったのは、長男の嫁が二人目の孫のお産間近に

なってきた為外へ出かける事が困難となったのでジィジィに役目が回って来たからです。そしておやま支援センターは

筆者が働いているところにあるので開園当初から知っていたからです。

aa初めて中に入ったところ、明るくて・きれいで・広々としているなぁ という感じを受けました。孫娘も気にいった

様で、料理・ジグソーパズル・音楽などのおもちゃが完備されていてあっという間に1時間半が過ぎてしまいます。

11時45分に退場して、今度は多目的広場に行ってすべり台を楽しみます。

aa最初の頃は他の「お友達」が近づくと筆者の手を握って離れようとしていたのが最近では「じゅんばんばんだよ」と

言うと言葉はないものの指し出すようになって来ました。多くの「お友達」と触合う事で色々成長しているんだなと

思いましたし、多目的広場の高いすべり台も一緒滑っていたのが1人で滑る事ができるようになり体力もついてきた様

に感じます。

aaたった2時間余りのデート時間ですが沢山の思い出を作る事ができました。これからも孫娘の成長を楽しみに生涯学習

センターを利用させてもらうつもりです。筆者と同じ境遇にある方にはお薦めの場所ですので是非ご利用してみては如何

でしょうか!

 

12